今のあなたにこの音楽を。

趣味で洋楽を詩的/感情的に意訳しています。この人にはこのように聞こえているのだなという程度に考えてください。

どうしようもなく苦しい、悲しい、むなしい時によく聞いた曲■戦場のメリークリスマス

中学校か、高校の頃、

人生がむなしくてむなしくて、

苦しくて、

悲しくてたまらなくて、

死にたいっていうのは

小学校の時に終わらせたけど、

私は20歳まで生きられるの?

っていう怖さと、

20歳以降も

生きることができてしまっていたら

どういうふうに生きればいいの?

と、それが全ての苦しみの原因でした。


そして、

そんなちっぽけな苦しみは、

金を稼がないと飯が食えない、

とか
金を稼がない

と雨風をしのげる家を借りられない

という現実に

打ち消されてしまいました。

 

雨風をしのげない、

飯が食えない、

肉体的な痛み、

それ以上に苦しいことってあるのかな?

って思えたら、

案外と気持ちが楽になりました。

 

日本という国に生まれ落ちて、

日本という国に居住出来て、

無難なふるまいを身に着けることさえ

できるようになれば、

仕事がないってことはないですからぇ。

日本みたいな豊かな国に生まれて

本当に運が良かったと思えることも

なくはないです。

 

私などより、良い生活をしている人を

挙げ連ねたらキリがないので、

そこらへんは他人事として考えて、

高望みはしないようにするのが

境遇に対するむなしさ回避のコツかな?

と思っています。

 

それでも、ちょいちょいむなしくはなりますが、

人間なんてそんなもんです。