初心者がはてなブログでアフェリエイトを始める方法(準備編)

もくじ

ブログでアフェリエイトを始める準備

 

フリーメールアドレスを作る

 ブログを作るには、メールアドレスが必要です。スマホや携帯電話のアドレスを登録する方も多いと思いますが、私自身は個人情報管理の観点から、自分の個人的なアドレスを様々なサイトに登録することを好みません。

 自分自身のメールアドレスを使わずにブログを作るためには、「フリーメールアドレス」というものを作る必要があります。このフリーメールアドレスを1つ持っておけば、個人的なメールアドレスを知らせる相手を最小限おさえられるので非常に便利です。

 また、「フリーメールアドレス」は、インターネットに接続することさえできれば、スマホ、携帯電話、パソコン、インターネットカフェなど、どこからでも見ることができます。手元に自分のスマホが無い時でも、友達のスマホやパソコンを借りて見ることをもできるのです。

 ですからフリーメールアドレスを作っておき、ブログの連絡先もフリーメールアドレスに指定しておくと便利です。インターネットで知り合った人と交流する場合も、自分自身の個人的なメールアドレスを教えなくて済むので安心です。

 フリーメールアドレスは、グーグルのGメールとヤフーのヤフーメールが有名ですが、このサイトでは、ヤフーメールで統一して説明をしていきますので、このサイトを見ながらアフェリエイトを始める方は、ヤフーメールのアカウント(口座)を作ってください。

 

銀行口座を作る

 お金を受け取る口座は、現在持っている自分自身の個人口座で構いません。銀行口座をお持ちでない方は、アフェリエイトサービス登録用、つまりはお金を受け取るための、銀行口座を作ってからブログを始めましょう。

 

はてなブログを作る

 

最低でも10記事書いてから申請しよう

 結論から言いますと、アフェリエイトサービスに登録する場合は記事が最低でも10記事以上ないと、審査が却下されます。

 10記事以上の記事がないブログは、「まだ、サイトとして成立していない。」と見なされるということです。ブログをお店だと考えると「まだ、内装が終わっていない。」状態だと見なされて開店できないという状態です。

 10記事以上無いと、アフェリエイトサイトに登録もできませんし、個人ブログでは重要になってくる「ランキングサイト」にも登録ができません。申請をしても却下されます。ですから、最低でも10記事を書いてからアフェリエイトサイトに登録をしましょう。

 

ブログの内容よりも文字数に気をつけよう

 ブログでアフェリエイトを始める際、内容は個人の日記でも情報発信でも何でもかまいません。ただ、アフェリエイトに申請する前に必ず10記事は書いて置いてください。文字数は1記事につき500文字以上が理想です。

 短文で改行の多い文章でも何年も書き続けていて、ブログ全体の文字数が増えていけば収入につながる可能性もありますが、まずは1記事につき500文字程度か書けるようになったほうが、のちのちの文章力の強化にもつながります。

 はてなブログの場合は、文字入力欄の右下「削除する」ボタンの隣に、文字数カウンターが設置されており、「◯◯◯文字」と表示されるので便利です。