今のあなたにこの音楽を。

趣味で洋楽を詩的/感情的に意訳しています。この人にはこのように聞こえているのだなという程度に考えてください。

愛はかげろうのように-シャーリーン*I've Never Been To Me-Charlene■和訳・訳詞・歌詞・日本語・対訳・Japanese Lyrics

愛はかげろうのように

ねえ、貴女
自分の人生に疲れ切ってしまっている
そこの貴女。

あなたは
子育てに不満を抱えた
母親かもしれないし、
家庭に閉じ込められている
と感じている人妻かもしれない。

そして、
自分がやりたくてもできなかったことを
夢見ているのだと思う。

だけどね、
今となっては、今から私が
貴女に話そうとしていることを
誰かが、過去の私に
話してくれていれば…
と、思う時があるの。

ああ、私ね、
ジョージアでもカリフォルニアでも
行けそうな所はどこでも行った。
牧師の男と手を取り合って、
太陽のもと、愛し合ったりもした。

だけどね、
どこに行っても、
どんなに親しい人達ができても
結局、逃げ出してしまうの。
どうしても、自由でいたかったから…

私ね、
天国(のような生活)を味わったけど、
まだ
自分自身にはたどり着いてないの…

ねえ、貴女
お願いよ、貴女。
どうかまだ、
立ち去らないで。

私が未だに孤独な理由を
貴女には
どうしても話しておきたいの。

私、
貴女の瞳の奥に
昔の私を見てしまうの。

いくつもの嘘で
疲れ切った心を
少しだけ、
私に打ち明けてみる気はない?

ああ、ニースにも行ったし、
ギリシャの島々だって行ったわ。
シャンパングラス片手にヨットで
クルージングしたりしてね。

モンテカルロでは
ジーン・ハローのように
華やかに振る舞って、
自分の持てるものを
皆に見せびらかしたりしてね。

キングのように振る舞う男達に
服を脱がされたりもしたし、
普通の女性が見るはずもないものを
見たことだってあるわ。

私ね、
天国(のような生活)を味わってはみたけど、
まだ
自分自身にはたどり着いてないの…

「ねえ、貴女、
 天国って何だか分かる?

 天国なんて嘘っぱちよ。
 人間が、『こうだったらいいなー。』
 って、作り上げた人や場所で、
 ただのファンタジーよ。 

 でもね、それなら、
 真実って何だと思う?
 それは
 あなたの腕の中で眠る小さな赤ん坊。
 それは
 今朝、喧嘩してしまったけど、
 また今夜には愛し合うであろう彼氏。

 それが、真実、
 それが、愛というものなの。」

生まれ来ることのなかった
子供のことを思って
涙するときもあるのよ、
もしかしたら
私の人生を
完璧にしてくれたのかも…
と思えてしまったりしてね。

でもね、その時は
甘い生活を選んでしまったの。
その甘美さが、いつか苦い思いに
変わるなんて知りもせずにね。

売春婦まがいの自分探しに
時間をついやしてしまったの。
「自由」を得るための代償としては
大きすぎたかもしれないわ。

ねえ、貴女、
私ね、
天国に行ったことはあるけれど、
まだ
自分自身にはたどり着いてないの…

 

訳詞:高円寺ららぁ